コーチングを体験して思ったこと

コーチングの学習をしたことがあります

コーチング 体験【人生の軸を作るコーチング体験セッション】

コーチングの学習をしたことがあります : 年上や年下の異性とも話すことができ新鮮な感覚でした : 誰かの役に立つことができれば有りがたいしうれしい

ビジネスに生かしていきたいと、コーチングの学習をしたことがあります。
その中でコーチ役とクライアント役になって、互いに聞きあう体験をしました。
コーチングは、教え込むというより、相手の中に自分で解決する力があることを信じて、質問をすることで相手の気づきを促すものです。
はじめのころは、頭では分かっていてもなかなか実践できずに、雑談のようにだらだら話してしまったり、相手の問題を解決しようと躍起になったりしてしまったこともありました。
「傾聴」という、ただひたすら聞くという作業が苦痛で「それは、こういうことだからこうやってしまえばいい」と、勝手な解釈を押しつけてしまったこともあります。
しかし、何度か体験を重ねるうちに、コーチに共感してもらえた時に、自分に自信が湧き上がる感覚を味わうことができました。
また、クライアントを信じて、相手の話をフィードバックしたり、数値化してもらったりする過程で、はかりしれないほどの悩みにつぶされそうだった人が、みるみる表情が変わって自分で立ち向かっていく姿を見て感動したこともあります。
対面だけでなく、遠距離の相手とも練習するために、スカイプやズームのスキルも身につけることができました。

コーチングによって自分の想いを再認識してみませんか?

本当にやりたいことは何なのか?

なぜやりたいのか?

エグゼクティブコーチング꙳★*゚
こがさん✩.*˚ @kogaEQ

コーチに相談してみるのも
良いチャンスに✨✨ pic.twitter.com/RrGAa7T1ft

— Naomi助さん拡散隊 (@New_naomi_0514) February 29, 2020